1. 通販で買える睡眠薬は本当に効く?不眠症から安全に逃れる方法とは   >  
  2. 通販で人気のルネスタ

通販で人気のルネスタ

薬を飲む女性

不眠症の治療現場で広く用いられている睡眠薬・ルネスタ。
エスゾクロピンという主成分からできている非ベンゾジアゼピン系薬剤で、脳の緊張や興奮状態を抑える鎮静作用によって眠りを促す働きがあります。
服用後15〜30分で眠気が訪れるという効果の速さが特徴で、作用の持続時間も4〜5時間と短め。翌日に眠気やふらつきが残りにくいのがメリットですが、薬のキレが早い分、睡眠中に目が覚めてしまう中途覚醒の人やロングスリーパーの人には効果が物足りなく感じるかもしれません。

そういった場合には作用時間が長めの薬に変えてみるのも方法のひとつです。
とはいえ作用が長い薬は体内から薬が抜けるのが遅くなる分、翌日にだるさや眠気といった影響が出やすいということも頭に入れておくことも大切。

ルネスタは優れた入眠効果を持ちながら副作用が少ないという点で、不眠症治療でははじめの段階で処方されることが多くあります。
しかし副作用がまったくないという訳ではなく、気をつけておくべき症状も。ルネスタだけでなく、効果の発現が早い睡眠薬でよくみられるのが「前向性健忘」です。

服用してから就寝するまでの間に起こったことや自分がとった行動について覚えていないという記憶障害で、起きているときと同じように話したりSNSに投稿したり、食事をしたり・・・。
そういった振る舞いの痕跡を目覚めてから発見し、自分でビックリすることも多いようです。
これは薬の成分が急激に作用することで脳が中途半端な覚醒状態になり、記憶を司る機能が低下して起こる症状。無意識のうちに行動してしまうという点でとても危険です。
ルネスタを飲む夜は事前に就寝準備を終わらせておき、いつでも横になれるコンディションを整えておくことが重要。安全な睡眠環境での服薬を心がけましょう。